当たり前のように払っていたけど、仲介手数料って何?

仲介手数料というのは、自宅などを売却したり購入をする時に、不動産事業者に支払うこととなるお金のことです。この仲介手数料は、売主からと買主から物件価格の3%+6万円さらに消費税というのが宅地建物取引業法上の仲介手数料として定められています。また仲介手数料というのは、不動産会社を通すことによって物件の売買契約を締結した場合に限り物件価格とは別のものとして不動産事業者に手数料を支払う必要があります。

しかし、これらの仲介手数料というのは成功報酬としての手数料となっています。つまり売却や購入の依頼を不動産会社にしただけでは取引が成立していませんので支払う義務はありません。仲介手数料は、物件の売買契約が成立した際に仲介してもらった不動産会社に支払うこととなります。一般的に取引が完了した最後に支払います。また仲介手数料は宅建業者以外が請求をするのは違法行為となります。

仲介手数料として受け取っても良い上限が法律によって決められているのでそれ以上の仲介手数料を請求することは違法となるのです。まずはよく仲介手数料のことについて勉強をして悪徳不動産会社に騙されないようにしましょう。また仲介手数料を覚えておくだけでこれからの物件売買の時に役に立つことでしょう。

当たり前のように払っていたけど、仲介手数料って何?

仲介手数料について考える

仲介手数料についてどんなものなのかを考えてみた

仲介手数料を知って諸費用ダウン

仲介手数料を知って諸費用を大幅にダウンさせることが出来る

当たり前のように払っていたけどそもそも仲介手数料とは?

当たり前のように払っていたけど、仲介手数料って何?仲介手数料について考える仲介手数料を知って諸費用ダウンサイトマップ